日記 2017 / 12 / 12


トルーパーのアルバム「君を眠らせない」と大樹さんのCD「小説~Roman~」を買いました
トルーパーのほうはてっきりボーカル版だと思って買ったのに間違えてカラオケ版を注文してしまった…\(^o^)/
噂の征士の「私はかぼちゃが好きだ」発言が聴きたかったんだけどな…\(^o^)/
でもこれはこれですごくよかったです。作業用BGMとして流すと妙に集中できる
どの曲もいいけど新宿サンセットがとくに耳に残って好き。今度はちゃんとボーカル版買おう…

「小説」は曲のジャンルのバリエーションが豊富なのが印象的でした。
アイドルっぽいきゃぴきゃぴしたものもあれば泥臭いスポ根ソングもありというカオスっぷりで面白い
この中だと「WINNING」がとくに好きです。とにかく男くさくてワイルドでかっこいいのと、どことなくアニソンっぽい世界観が良い。
あと歌詞を見てるとどうしても双子を連想して萌えてしまう…

「リングに賭けた1億ドルの命は安いぜ」
「追い詰めたロープサイドに野獣のような目が暴れる」

とかもう……† 双子の地下リング時代じゃないですか…
この歌の主人公自体はボクサーであってプロレスラーではないから厳密には全然違うんだけど、もう双子のテーマソングに聴こえてしかたない…(;ω;)

あとちょっと気になったんだけど、大樹さんの曲の歌詞にちょくちょく「子犬」が出てくるのは何故なんだろう…(U^ω^)?

「夢に抱かれて」→ "遠くで子犬が踏む 小さな落ち葉の音"
「DETECTIVE2.5」→ "コートの中の子犬を抱き締めて"

作詞した人違うはずなのに なんという偶然(U^ω^)わんわんお
いや全然悪くはないんですが。むしろかわいくて素晴らしいと思うんですが、どんなにしんみりした曲でも子犬が出てくるだけでちょっとほのぼのした雰囲気になっちゃうよねっていうだけです…
さらに「事件記者」という曲では"犬猫 追いかけて"という詞まで出てきます。
わんこのみならずにゃんこまで登場するとは……サザエさんか?
大樹さんどんだけファンシー世界の住人なのか(困惑)

「小説」もいいけど、大樹さんの楽曲だとやっぱり光輪伝の「夢に抱かれて」と「Pressure」が一番好きかも
なぜかこの二曲は双子が歌ってると妄想してもあまり違和感ないし萌える
「小説」のほうは双子の歌声と想定して聴くには(まちがった聴き方)少し声がかわいすぎる気がする。
あまりキャラをつくってないというか地声寄りっぽいからかな? 多分…

伊集院くんなら全然ありだと思う。伊集院くんがちょっと気取った感じでカラオケでアイドルの曲歌ってるっていうシチュエーションで想像すると禿萌える(●´ω`●) かわいい…紛うことなきアイドル…

ガチで一度、双子になりきった御声でキャラソン的なものを歌っていただきたい…
ソロでそれぞれ一曲ずつ、それからデュエット曲の計三曲を収録したCDをソドム兄弟のデビューアルバムとして発売してくださいお願いします†