監督さん談義

緑山関連(雑多) 2017 / 04 / 06
 東京学院の監督さんって部員達への指導があんまりがっついてないっていうか、どちらかというと放任主義っぽいですよね。試合開始時点では「立ち上がりが勝負だ」って言ってたけど、途中からは本来の勝ちパターンを尊重して「先手必勝はやっぱりうちには向かん」って笑ってたし。宮島商や桜島の監督は「自分達の立場を考えろ」とか「あれしきの投手になんてザマだ」とか厳しい発言をしてたけど東学ではそういうのないんですよね。あまりうるさく口出ししなさそうなイメージがある。

 2対1で逆転された時も、東京学院の応援席は「本当に勝てるのか?」って不安がってたけど、監督さんは「試合はうちが押してきているんだ。最後は必ずうちが笑う」って冷静に構えてたんですよね。個人的にあれがすごく好きです。部員達を信じてる感が出てて良い。どんなに絶望的な状況でも監督さんが冷静でいてくれると、なんとかなるような安心感がある。

 若宮さんの「あのピッチャー、本気でバカげた三振記録とやらを狙ってたようですネ」のコマは雰囲気が完全にじいじと孫って感じで微笑ましい。かわいい。「爺と孫」という構図だと海征院の監督と徳田兄弟が本家本元なんだけど、あっちは「打てよ! 絶対打てよ!」っていうせっつきがあるからなあ。ワシの孫まじ強い!さいつよ!!っていう愛は感じるけど、静かに見守るじいじ部門だと東京学院に軍配が上がるんじゃないかと思う。

放任というと国明館の監督もなかなか緩い人ですよね。
「優秀な部員を持つと監督はラクやで!」とか言って呑気に試合も観ずに寝てたからね。
あれは部員達に全部丸投げって感じで流石にちょっと緩すぎません?と思ったw
道理で佐田丸達がしっかりするわけだ\(^o^)/

個人的に一番スパルタ度が高いのは宮商の監督だと思ってます。
あの回想の特訓シーンでのノックのインパクトが強すぎて…。
「手で捕れねえなら体で捕れ!顔で捕れ!」「いつまでそんなとこで捕ってんだ!?」「野球やめちまえ!!」とか…
工エエェェ(´д`)ェェエエ工 顔で捕れって言ったの貴方でしょ流石にちょっとひどない…?ってなった。
まあ昨年の優勝校だからプレッシャーも他校より強くなるだろうし仕方ないんだろうけど。

余裕を持って見守ってくれる系の監督だと部員達も伸び伸びやれそう。
実際あの監督さんは永田くんや神保ちゃんと相性いいんだろうな~と思う。

 話がズレるけど東学バッテリーは他の部員達よりほんの少しだけ監督との結びつきが強かったりするとめっちゃ萌えると思います。永田くんはキャプテンだし四番だし野球部の中心人物だから監督と話し合う機会多いだろうし、神保ちゃんはエースだから監督も色々気に掛けるだろうし。この二人だけセットで監督に呼び出される率が高かったりすると死ぬほど萌える。
実際あと2イニングってとこで未だに二階堂の球を打ちあぐねてて普通なら焦りで苛立ってもおかしくない場面なのに、神保の「オレ達は回が押し詰まらんと燃えんらしいな」に対して、笑顔で「たのもしいのう神保」だからね。これはもう神保の性質を理解しきってて尚且つ信頼してないとできない発言ですよ……MOEEEEEEE

モロに熱血な体育会系タイプの監督は東京学院メンバーと相性悪そうですよね。
若宮さんあたりはスパルタ監督の下でもやっていけそうな気概を感じるけど、他の子はなあ…(笑)
別に他の子に根性がないとか言いたいわけじゃなくて、根本的にノリが合わなそう。
タイヤ引きとか兎跳びとかやれって言われても絶対やらなそう。というかやってるイメージが全く湧かない。

神保「あっ、そーゆーのいいんで」(真顔)
永田「ハハハハハ。スポ根ドラマじゃないんですから^^」(笑顔の拒絶)
平河「ハァ? バカジャネーノ? マジだり~し。どうかしてるぜ」(現代っ子)

でも隼さんはイケるかもしれない。軍隊系のノリが似合うというか違和感がない。
科学的に効果が実証されてる特訓なら例えスポ根じみててもやってくれそう。
まあ隼さんはスポ根というよりビリーズ・ブートキャンプってイメージだけど。
同じ泥臭さでも若干欧米寄りみたいな。ヴィクトリー!

「オレら後半にならないとエンジン掛からないんで☆」なんて宮商や桜島の監督に言おうもんなら「なめてんのかァ!」って張っ倒されそう。こういう姿勢を許容してくれる監督あっての東京学院なのかも。
そんな東学の監督さんが私は好きです(結論)

二階堂くんは15歳←字面の犯罪感

緑山関連(雑多) 2017 / 04 / 04
ヤングジャンプコミックスセレクション8に収録されている特別読切「剛球二階堂くんは15歳」を読んで衝動的に書いた感想メモ(まとまりなし)

・今更だけど緑山って私立高なんだよね。なんか意外。しかも進学校。花岡とかはまあ、うん。って感じだけど犬ちゃんが進学校ってヤバくないですか? ギャップが……真面目に勉強する犬ちゃんとか萌え以外の何物でもないだろ……犬ちゃんは二年生編で自室の学習机が綺麗に整頓されてたのも凄い萌えを感じた。ギャップがヤバい。机以外は筋トレ用具とかで普通に散らかってたけど。【追記】よく見たら机の上に漫画らしき本が広げられてましたね。勉強してない\(^o^)/ あと宮商戦で山路先生に「全科目追試の犬島」とか呼ばれてたから成績のほうもお察し系だった…\(^o^)/ でも私は犬ちゃん隠れ秀才説も推しています。

この読切のkwsw先生の絵柄が好きすぎる。キャラの頭身とか顔のパーツのバランスとかが個人的に丁度いい感じで好き。確か甲子園編の東京学院戦の終盤あたりからこういう絵になっていったんですよね。このあたりの絵大好き。

・全員集合して監督の話聞いてる場面、二階堂だけユニフォームの名前の文字が異様にデカいんだけどなんで?w「階」の字が大きすぎて笑ったわw 

・「そんな気の長い話はごめんだぜ監督」←二階堂かわいい…この読切の二階堂めっちゃかわいくないですか? 一人だけ熱心に甲子園行きたがってるのがかわいい。あと二階堂の半袖ユニフォーム姿って新鮮だなあ

・「練習試合はおろか紅白試合すらこなしてないんだ」←そんなに経験不足だったのか緑山…まあ部員数12名だし仕方ないけど

・高村が早坂をキャンプに誘ってるけど、この二人って結構仲良かったのか……佐山(多分)は東京に親戚いたんだね。へえ~

・「球種をおぼえて 甲子園はそれからだ」←この花岡の、駄々こねる子供に対して大人目線で冷静に言い聞かせてる感…(笑) 子供相手に優しく諭してる感が萌える。ほとんど同い年なんだけどね。ていうか今回の花岡のビジュアルが最高すぎて辛い。作画が良すぎる。可愛さと男らしさの絶妙なバランスが最高。

・「もうちょこっと試合慣れしてから来るべきだったんだ」←「ちょこっと」が妙にかわいくてツボったw 「ちょこっと」て…女の子か? あざとい。このコマの緑山メンバーめっちゃかわいいね…なんというか本当皆かわいいとしか言えない。ポカン顔かわええ。宮ちゃんのちっちゃさ…

・「よお 犬島と花岡じゃねえか」←突然の池内

・犬ちゃん・花岡・池内が同中出身同士として気心知れた感じで話してるのすごい萌えるな。なんでか分からないけど異様に萌える。池内グッジョブ

・「三年になりゃオレ達が甲子園へいくよ」←「いくよ」っていう口調が犬ちゃんぽくなくて萌。なんかかわいい。てか、このコマの犬ちゃんめっちゃくちゃカッコよくないですか…? 犬ちゃんて普通に男前だよね。黙ってれば。

・「球をみているだけで精一杯なんだ。分かっていないようだな」←この二階堂の表情がエロくて好き

・「たやすい」←かわいい

・「オレの剛球はこれからだぜイ」←かわいい。二階堂のセリフ全部が千葉さんボイスで脳内で自動再生されてしまう

・花岡のホームランに喜ぶ二階堂の笑顔かわいい。犬ちゃんだけ無表情…

・「とうとう最終回まできてしまいました」←このコマの犬ちゃん好き。キャッチャーマスク最高。誰が装着しても問答無用で男っぷりを上げてしまう罪深きアイテム・キャッチャーマスク

・原口に対する二階堂のニコニコっぷりがかわいい

・「オレの心深いお情けが分からんのか カバッ」←カバwwww

・「オレのキャッチングスタイルがカッコよすぎて勝ったんだ」←犬ちゃんかわいい

・「どんなポーズをとってみせてもオレの一発が輝いているぜ」←この花岡どこ見て喋ってるの? カメラ目線?

・「この日から始まったんだったんだったらだったのでだったのだった」←これなにwwwめっちゃ笑ったわww先生ww

四月馬鹿

緑山関連(雑多) 2017 / 04 / 01
今日は二階堂の誕生日ですね! おめでとう!プレゼントリボン
エイプリルフール生まれってのが何とも彼らしくていい設定だと思います。
存在そのものが冗談みたいというか。
あと四月一日生まれだと学年のなかで一番遅生まれってことになるんですよね。
一番図体が大きいのに一番年下扱いだなんて…なにそれかわいい

最近原作の桜島戦見てて思ったんですけど、桜島のベンチ勢がかわいすぎて辛いです。
阿久根くんがスリーランホームラン決めた時の喜びようがかわいい。
加治木の「ざまあみろ 思いしれザコども」のコマの「やった~」もかわいすぎ。やった~(笑)
串木野の打球が白石に捕られた時の「くっ」もヤバい。このコマの二人めっちゃかわいいけど誰なの?

なんというか、良くも悪くも高校生らしい子供っぽさが全面に出てるのがすごい萌える。
全員一年生の緑山勢よりは経験も豊富だし冷静な部分もあるんだろうけど、やっぱりなんだかんだいって皆まだまだお子様なんだよな~とか思うと死ぬほど萌える。

緑山のアニメと原作に共通している隠れた萌えポイントとして、「ベンチのむさくるしさ」が挙げられるんじゃないかと思います。緑山勢はボールやらカバンやらの投げ合いで物が散乱してるし、他校は他校でムサいし。ガタイの良い部員達と監督が肩の触れそうな距離で窮屈そうに座ってるのが何ともムサい。まぁ当たり前なんだけど男子ばっかりの空間で、いっそ清々しいくらいの暑苦しさなんですよね。画面的に密度が高いというか実際すごい狭そう。謎の圧迫感。威圧感という観点で言うと緑山っ子はそうでもないんだけど、他校が……とくに桜島・南国あたりが……

東京学院のベンチはどことなくほのぼの感がある。他校より多少お行儀がいい感じ。
神保くんを温かく見守る会が結成されてるし、小学校の運動会の父兄席の空気が半端ない。
それでも若宮さんが決死のホームラン決めた時の沸きっぷりは結構凄かったけどね\(^o^)/
あれも年相応な感じで良いですよね。とくに永田くんは普段落ち着いてるから、たま~にああいう高校生らしい部分見るとギャップが他キャラより際立って萌える。ヤローっぽさ溢れる東京学院勢はとても素敵だと思います。

ベンチ勢を見る限り桜島って結構血の気の多い子が多そうな気がするんですけど、伊集院くんはあの連中のなかでちゃんとやっていけてるんでしょうか? 繊細っていうか、バカ騒ぎが苦手そうなイメージがあるから、なんかすごい心配になってしまう。阿久根くんと東郷さんがわりかし冷静なおかげで悪ノリが中和されて、なんとかやっていけてる感じなのかな。

あと伊集院くんってアニメだと煽り耐性激低で泣いちゃったりするけど、原作だとそうでもないんですよね。
「弱い犬ほど よく吠える」とか言っちゃうCOOOOOOL!!な伊集院くんも好きだけど、アニメのオーバーリアクション天使な彼もやっぱり大好きです。アニメでの独自の味付け(脚色?)がすごくナイスだと思う。スタッフさんありがとう。(kwsw先生のアイデアの可能性もあるけど) まぁ原作の方も完全に煽りをスルーできてるわけじゃなくて、若干ビキビキしてるコマはあるんですけどね。伊集院くんかわいい。

P.S.
拍手&簡単メッセージありがとうございました!ぴかぴか(新しい)